私の鉄板トレード

きらです。
Twitterのアカウントのお知らせをしてから、
フォロワーさんが少しづつ増えています。
感謝です。

さて、昨日はユーロひとり勝ちでしたね。
私はぼちぼちと豪ドル円をひたすらトレードです。
特に大好きなのはショートポジション。
スパンモデルでは、「買いシグナル点灯」で「ローソク足終値がゾーンの上に位置する」
売り逆行パターンが鉄板トレードですね。
これは、どの時間軸でも同じなんですが、特に1時間足が、この条件がそろった時は、
わくわくします。万が一逆行しても、それは戻り調整だと考え、自信をもって下落してくるのを待っています。
一昨日から今日にかけての豪ドル円4時間足、1時間足のチャートです。

4時間足のチャートは、鉄板売りポジションチャートです。
重ねて1時間足も同じです。
さらに、今日の7時に「売りシグナル点灯」に変わり「ローソク足終値がゾーンの下に位置」していますが、ローソク足終値が、-2σラインより上に抜けていません。売り順行パターンで「走る相場」状態です。
1時間足④で一旦、-2σをうわ抜けしますが、その上位時間軸である4時間足は、
利確ポイント目安の-2σを上抜けしていませんので、いったん調整が入り再度下落すると予測が付きます。
私は、「逆行パターン」から「走る相場」に移行したときに利確目安としているのはあとは、直近高値からフィボナッチを引き161.8%・261.8%を目安にしています。116時台にこの261.8%を達成です。

今週はトレード時間が制限されているのでシナリオ通りにトレードは出来ていません。dだから、評論家程度ですね(あせ
今夜参戦する方の爆益を祈っております。
今日もお疲れさまでした(๑• •๑)♡©キラ
ブログランキングに参加しました。
1日1回の応援ポチが励みになります。ペコリ(o_ _)o))

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

免責事項
当ブログは投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当ブログの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性に ついて保証するものではありません。閲覧者が当ブログの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても当ブログ運営管理者は一切の責任を負いません。FXはリスクや損失が存在する金融商品です。取引は閲覧者自身の判断によって、リスク を十分に理解したうえで自己責任で行ってください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。