トレードに強い味方・通貨の強弱~WEBサイト編~

こんばんは。きらです(๑• •๑)♡©キラ

今夜は、アメリカさんFOMCが27時にありますね。
そして、子供の日には雇用統計と、今週は連休とはいえ大きく動く週です。


さて、以前に書いた記事のアップデート版。



「通貨別強弱」を使ったトレード

各FX会社でもわかるものもあれば、
以前紹介したMT4で表示するインジゲーターもあります。

トレードの仕方としては、基本的には
1番レートが上昇している通貨を1番強い通貨
1番レートが下落している通貨を1番弱い通貨

『 通貨の強弱を見極めて、1番強い通貨を買って、1番弱い通貨を売る 』
と判断し、通貨を『強弱』という見方でトレードをしていきます。

また、自分の得意な通貨ペアとの強弱関係でトレードをするのもひとつの方法ですね。
ただ、為替相場において動いている通貨は、米ドルやユーロ、ポンドですので、そのあたりを絡めてトレードするのもありですね。

通貨の強弱を手軽に確認できるウェブサイト
今回は、通貨の強弱をウェブ上で確認できるサイトを紹介しますね。
ウェブ上で手軽に通貨の強弱が確認できるのでとても便利です。

1・Mataf.net(マタフ)
外国のWebサイトになりますが、ドルインデックスの様な通貨単体の変動( currency-index )を5分・15分・1時間・4時間・日足・週足で確認が出来ますし、様々な時間軸で通貨の変動率の比較が出来ます。また、複数の通貨を選択することで主要通貨すべての強弱関係を同時に見ることも出来ます。

2・Currency Strength Chart

こちらのWebサイトは、日ベースでの通貨の強弱を確認することができるウェブサイト。最大2日分の通貨の強弱チャートを確認することが出来ます。チャートは5分間隔で更新します。

このようなWebサイトで、一番強い通貨と一番弱い通貨を選ぶことは、デイトレードをするにおいて重要なポイント。ボラがない通貨ペアを選べば、せっかくのトレードチャンスでも稼ぐことが出来ません。

これらのツールを上手に使い、「今、どの通貨ペアをトレードすればいいのか?」がわかります。ベストな通貨ペアを選択することで、その日の取引結果が180度違うことになりかねません。共に上昇している通貨・下落している通貨の通貨ペアで取引すると動きが相殺され、値幅が取りにくくなります。

他にこの通貨ペアの強弱の使い方としては、乖離幅がある通貨ペアで選択したり、
0(ゼロ)ラインからかい離していく通貨ペアを選択する方法もあります。

例えば2017/05/03では・・・
AUD/CHF(豪ドル/スイスフラン)

通貨別強弱で見れば・・・

どうでしょうか?一致していますよね。
トレードチャンスを逃している方や、中々値幅(ボラ)が取れないトレードをしている方は、こんなツールを使ってみるのもいいかと思います。必ずご自身で検証してみてくださいね。ツールの使い方・解釈を間違えば結果は出ません。

今宵、FOMCに参加される方に爆益がありますように。

今夜もお疲れさまです(๑• •๑)♡©キラ

ブログランキングに参加しました。
1日1回の応援ポチが励みになります。ペコリ(o_ _)o))

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

免責事項
当ブログは投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当ブログの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性に ついて保証するものではありません。閲覧者が当ブログの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても当ブログ運営管理者は一切の責任を負いません。FXはリスクや損失が存在する金融商品です。取引は閲覧者自身の判断によって、リスク を十分に理解したうえで自己責任で行ってください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。